withgrass3.jpg
月曜に更新予定.メインは,サングラス&サンタのグラサンタランなどのrunやbikeやPCネタ.アフィなし.リンクはご自由に.大きな空白はStravaへのリンク.たまに見えず.
nogrlass3.jpg
嬬恋キャベツヒルクライム2018 当日編

JUGEMテーマ:ロードバイク総合

race day 2018/09/02@群馬県嬬恋村:

この記事は,大会当日朝から帰宅まで.(前日編から読むならこちらから

 


 

5時起床,宿から朝食用おにぎりセットをもらって6時過ぎに出発.

宿までの自走チャリがすでに玄関にあって,私以外の物好きが2人もいることに,思わず笑う.

 

大会会場まで,14km標高差400mのダウンヒル開始です.

ほとんど漕ぐ必要がないという^^.

 

ただし,小雨かつ結構な交通量だったので,心拍数がかなり↑.

ということで,心拍だけはウォーミングアップ代わりになった感じ.

 

途中のコンビニでゆっくりとしていたので,7時前あたりに大会会場(嬬恋会館)に到着.

7時20分あたりまでならサイクルラックに空きがありましたが,それ以降は満車.

後から来た人は,バイクは会場で横にしていて置いていましたね.

参加者は千人程度ということなので,それでも十分にスペースは有りました.

 

雨は上がりました.ラッキー.

 

下山用荷物預かりの終了は8時15分.

かなり四苦八苦して,20リットルの下山用バックに詰めましたよ.

何人かは入り切らないようで,大きめのゴミ袋で預けている人もいました.

とはいえ,ごく少数(10人もいない感じ).

 

ゴミ袋といえば,スタート前のメイン会場にゴミ箱がないんですよね.

去年の佐久もそうだったような.

プロテインバーのゴミなどは,ジャージのポケットに!ということのようです.

マラソン大会との大きな違いですな.

 

準備体操・開会式と進み,スタート地点に歩いて行きます.

人によって異なりますが,大した距離ではありません.長くても5分程度.

 

半袖ジャージを家に忘れたので,今回は長袖ジャージでスタート.

 

私の実走データがこれ.縦軸が時速で,横軸が走行距離.

 

キャベツヒルクライム.png

来年以降出る人には,高低図よりこの図が役に立つでしょう.

コースの高低図を見ても,あまり坂の感じがわからないので.

 

また車載カメラは禁止されてないので,3〜4人ほどは見ました.

youtubeとかにUpされていたら,それらも参考になるでしょうね.

なんせ万座ハイウェイは,普段は自転車通行禁止ですから試走できませんし.

 

さてさてヒルクライムですが,20km弱で標高差1000m弱を登ります.

 

最初の3kmは我慢です.

9〜10%の斜面が出てきます.

都民の森のラスト3kmを,コースの最初に持ってきた感じですね.

ウォーミングアップ代わりに,のんびりと進みました.

 

その後7.5kmまではアウターで行ける感じでした.

そして9.5kmあたりまではインナーで,ガマンガマン.

 

ここから11.5kmあたりまでは,かなり飛ばせます.

ここでアウターに切り替え忘れたのが痛かった・・・.

図よりも速度が出せます.

 

インナートップで踏み切ってしまい,「あれ?30km/hちょいしか出ていない!」

と気づいても,ときすでに遅し.

おかげで,心身ともに無駄に疲れてしまいました.

 

12.5km地点の第2給水ポイントで,スポーツドリンクをいただきます.

少し元気がでてきました.

また,13.5kmあたりでは左手の景色が開けて結構いい感じ.

で,ようやく元気を取り戻しました.

 

14.5km地点手前では,長い直線の坂道が見えて思わず

「長いよ」

とつぶやいたところ,前の人が

「長いですよね〜」と反応.

私が「まああと5kmですからね〜」と言った後に,

「お互いがんばりましょう」と2人でハモってしまいました^^.

いい気分転換になりました.

ありがとう!

 

ちなみにこの5km前地点から,4,3,2,1km,500mと残り距離を表す小さなポストが道路左側にありました.

 

さてさて,この14.5km地点ではまだまだ我慢の登りが続きます.

とはいえ,最大傾斜でも10%くらい.

このコースに激坂はありません.

 

17.5km地点あたりで下りです.

今度こそアウターで踏みまくりです.

この下りで20〜30人は抜きました.

 

というか,私の周辺では平坦や下りが遅い人が多かったような.

下りは踏まないとね〜.

思ったよりもパワーが出てないんですよね.

この辺はZwiftで学んだ感じです.

もっと上位の人たちは,パワーメーターで管理しているでしょうけどね.

 

ま,そんなこんなで,無事ゴールしました.


 

少し下って,水(ペットボトル)・スポーツドリンク(紙コップ)をもらいました.

食べ物は,まんじゅうとコーンスープ.

美味しかったです.

 

さらに少し下って,荷物受け取り場へ.

更衣室で着替えて,下山に備えて並びます.

それなりの列でしたが,去年の佐久よりは待ち時間が短かったなと.

 

100人程度を1パックとして,集団の下山です.

下山時には雨がふってきたので,注意して降りました.

落車している人はいなかったけど,パンクは計4,5人は見かけましたね.

 

チューブレスの私は,パンクを気にせずお気楽にリムブレーキ引きまくりでした.

が,他のタイヤは大変ですわ.

ディスクブレーキも見かけました.

こういう雨の日こそ,その良さがわかりますね.

 

最後の1kmあたりまでノンストップ.

メイン会場へは45分ほどで到着でした.

なお下山用タイヤを預けることは禁止されていましたので,ご注意を.


 

メイン会場の嬬恋会館で,お待ちかねのおもてなしタイム.

 

生キャベツ.甘かったです.

あまり人気がなかったから,おかわりしたら喜ばれるかも.

 

IMG_20180902_122215.jpg

 

豚汁です.キャベツ入りというのがさすが,嬬恋村.

 

IMG_20180902_122616.jpg

 

次は,お菓子ととうもろこし.どっちもあまくて美味しかったです.

 

 

ここまでは無料振る舞いでした.

あとはキャベツヒルクライムといえば,これ.

 

IMG_20180902_125005.jpg

 

これから自走なので,私は見るだけで.

あとは,インド料理の出店で500円なり.

 

 


 

このあたりで,13時少し前でしたかね.

次の万座・鹿沢口発の電車は,なんと15時25分発です.

その次は16時25分発.

 

なので,長野原草津口駅まで10km下って,14時21分の始発電車を目指します.

 

最初は渋川駅とか高崎駅まで自走を考えていたのですが,雨が降りそうなので止めました.

 

大会会場から,長野街道をひたすら下ります.

大津の交差点までは,道狭いし,道悪いし,車多いしとストレスフルでした.

 

なので,Garmin Variaで車の接近を感知したら,ややスピード落として左に寄ってやり過ごす感じで.

信号スタートも,後方の車が全部行った後にスタートするというような.

そんなこんなの,相当な安全運転だったと思います.

 

大津の交差点を直進して旧道に行きます.今度は車がほぼないので安全です.

しばらく走って,ロードサインを確認して右折.計30分もかからずに13時半あたりに到着.

 

無事始発電車にて高崎まで行き,高崎から新幹線で帰りました.

 


 

去年の佐久の参加人数は500人以下で,今回の嬬恋は1000人程度.

人が少ないとストレスが少なくて,実に快適です.

これからも富士ヒル・ハルヒル・乗鞍などのメジャーなものは無視して,マイナー路線でGo^^.

 

万座のコース自体は,走れるコースだと言われています.

確かに佐久よりは,平坦や下りが格段に多かった印象があります.

 

今年のヒルクライムレースは,これにて終了.

というか,これのみ.

 

タイムは,年代別で上半分に入っていたので,あとはどうでもいいです.

大会もそうですが,その前後のサイクリングも楽しむ感じで,これからもやっていこうかなと.

 

おしまい.


前日編 このページのTopへ おまけ 


00:12 ロードバイク大会 comments(0) -
comment









自己紹介&
参加大会一覧
Author: Glassanta サンタ走る前
  に,自己紹介やレース一覧が.
自己記録(ネット)
カレンダー
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
表示記事リンク
カテゴリー別リンク
さんたで参加大会リンク
エントリー済みリスト
  • さのマラソン(さんた)
  • 勝田マラソン(さんた)
  • 静岡マラソン
モバイル
qrcode
COMMENT
アーカイブ
外部へリンク
自分用メモ